TOP > つながり方。
 ← メジナの夢。 | TOP | 『おもむろに』ではなく『唐突に』。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク つながり方。 

2012年05月07日 ()
10連休だったGW、あっと言う間に時間が過ぎ去る。
群馬へ温泉旅館に行ったり、人と飲んだり、三匹リハやレコーディングの仕事も。
空いた他の日に映画も数本観た。

『セブン』
以前から好きだったが、久しぶりに再観。
昼食時に観始めてしまい、出前のピザが進まないこと進まないこと。
ブラピ扮するデイヴィッドが、刑事としての理性と人間としての憎悪との狭間で
苦悶するラストのシーンは圧巻。ブラピはこの映画が一番かっこいいんじゃないか。
キャスティングも絶妙で、ケヴィン・スペイシーもモーガン・フリーマンも
他に考えられないくらいのハマリっぷり。
翌日、ラストだけもう一度観直してしまった。
最後の最後に浮かべたブラピの恍惚の表情がこびり付いて離れない。

『ハングオーバー』
独身最後を祝うバチェラーパーティーの後、失踪してしまった花婿を
友人達が二日酔いで失くした記憶を遡りながら探し出すというドタバタコメディ。
これが救いようがないほどバカバカしく、面白かった。
小デブで髭のおっさんのキャラが本当にキュート。彼が出てる他の映画も観たい。
特典映像のNGシーンを観てみると、現場の人々が皆楽しみながら作っていたという
雰囲気がビシビシ伝わってくる。

『第48作 男はつらいよ 寅次郎紅の花』
すみません。寅さん、初めてちゃんと観ました。
それもこの作品はよりによって渥美清さんの遺作。
これまで寅さんを観ていなかった俺は大バカだったとも言えるし、
これから残り47作品を初めて観る楽しみがある俺は幸せ者だとも言えると思います。
セリフ回しの妙とでも言うんでしょうか。
「男が女を送るって場合はな、その女の玄関まで送るってことよ」
ただただ、シビれます。
北の国からの親子がニアミスしたり、そういったにくい演出も。

寅さんを観て、コミュニケーションや関係性の質が時代と共に変わっていることを痛感。
寅さんに出てくる人物達の中に溢れてるのは『離れてるけどどこかで繋がってる感』
のような気がした。今の時代は、大体において『繋がってるようで実は離れてる感』が
溢れてしまってはいまいか。あるいは、それは俺だけか。だとしたら厭ね。ああ。


スポンサーサイト
[2012.05.07(Mon) 15:53] くらしTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← メジナの夢。 | TOP | 『おもむろに』ではなく『唐突に』。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yuyayuyablog.blog100.fc2.com/tb.php/252-9fe8e1df
 ← メジナの夢。 | TOP | 『おもむろに』ではなく『唐突に』。

お知らせ

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。